悔しい。


たまに訪れる、この「悔しくて悔しくてたまらん」という感情。だいたい、というかほぼスペイン語に関することで「悔しい」と感じているのだが、今日は久しぶりに悔しすぎた。

中途半端に説明すると「お前のスペイン語はわからん」とぴしゃりとされて終わるのはわかっていたから、できるだけ簡潔明瞭に説明するためにちゃんと準備をしたはずやったのに。

しかし、違う観点でなんか叱られる羽目に。くっそー、むかつくな~。

メヒコ人のいいところは、なんかあったことを後に引きずらないということだと思うのだが、その叱っている最中というのは本当に容赦ない。

「わかったか??」

と念を押されるから、「わかりました」と言って席に帰ろうとしても、あ、これも言っとかないと、と言うことが頭に思い浮かんだらまた呼び止められて、さらにけちょんけちょんに言われて、付け足し&繰り返しでまたぼろくそに言われ、

「わかったか??」

と聞かれる。だから「わかった」というのにそれが数回繰り返されるかだんだん腹が立ってくる。あ~、もうむかつくなあ。

でも、その感情を説明する力がない。(まあ説明できる能力が備わったとしても、その説明を「そうか、そういうことだったのか」「そういう考え方もあるのか」と聞いてくれるような相手ではないが。)でもとりあえず、なんか一方的にけちょんけちょんにされるのが本当に悔しくて、こういう時は後で涙がでそうになる。

上の写真、コカコーラ(300ml)が小さすぎるのか、ヨーグルト(1kg)がでかすぎるのか、それをどう見るかはそれぞれ。私が腹を立てたり、悔しく思ったり、悲しい気持ちになったりするのも見方次第というところもある。文化が違うから仕方がない、もちろんそれもある。でも、自分が弱者のように感じるときはすごく悔しい。だから、この気持ちをばねにしたいと思う。それを忘れないように今書いている。

うおーーーーーーーーーー!!!!!!(とりあえず吠える。悔しい~~~!!!)

コメント

人気の投稿