ルチャに行ってきた

先日、ひょんなことからルチャリブレに行くことになった。オアハカに暮らし始めて3年以上が経つというのに、なんと初めての経験。

まぁ、あまり興味がなかったから行ったことがなかったというだけなのだけど……。今回ありがたく声をかけてもらったことだし、今後もおそらく自主的に行くことはないだろうと思ってこのチャンスに便乗することにしたのだ。

会場に到着するとすでにたくさんの人がいて、夏休みも終盤とあってか親子で見に来ている人も多かった。

入り口付近にはルチャグッズコーナーが。オフィシャルだかアンオフィシャルかは定かではない。


やはり定番のTシャツ。


マスクもいっぱいあったけど、全然だれかわからない。会場にはマスクを買ってマスクを装着してうろうろしている子どもも結構いた。



ルチャドール。なんやろう、このゆかいな感じは。クオリティかな?!それとも売られ方?!


Tシャツをうろうろ見ているとカタカナ表記のものを発見。ミルマスカラス。1000のマスクを持つ男!!!(と言われたのだろう。)

何試合あるかも知らずに見始めたのだが、最初の方の試合は素人目にもわかるくらいに細身のレスラーたちで、多分前座的な人たちなんだろうというのがすぐにわかった。でも若いので空中を飛んだりたくさん動いていておもしろかった。ルールやどちらを応援したらいいのかというのは一切わからないけれど、周りが叫びまくっているし、場内アナウンスの声もあおっているのでその掛け声に合わせて「もっと強く叩け~~!」とか「もう一回~!!」とかいろいろ叫んだけど、これがなかなか楽しくて快感。

途中女子レスラーも出てきたけど、女子の試合はどちらがええもんでどちらが悪もんというのがすごくわかりやすかった。なんか、ヒールの方はひたすら罵ったり悪いことばかりやっていたし、第一顔が悪そうだった。(あ、これは偏見か。はは。)


この日のトリはブルーデーモンJrとルスクラリータ対ゾンビ、ラ・パルクのコンビ。ダントツ人気があるらしく、入場の時の場内アナウンスの人の気合の入り方が違うかった。ルスクラリータはお姉キャラという設定らしく、入場時は髪を下ろしてヘアバンドをしていて私はひそかにふかわりょうに似ているな、と思っていた。

ひと暴れしたら髪の毛が邪魔で仕方ないらしく、くくり始めたのだけど横は全部剃られてあってびっくり。そして、その髪の毛を結わえる姿があまりにもたくましくて、それにもなんか圧倒された。


この4人の中ではおそらくルスクラリータが一番若手らしく、一番たくさん動いていた。その恰好とは裏腹に豪快で一番たくましかった。

そして、まさかの場外乱闘。目の前を椅子をなぎ倒しながら歩いて行ったときはめちゃくちゃ迫力があって、野次馬根性がつい。


そして、ぼこぼこにされたルスクラリータさま。顔を相当ゆがめていたので本当に痛かったのだと思う。


試合が終わると、リングに子どもたちがわらわらとやって来てブルーデーモンJrと写真撮影会を行っていた。ブルーデーモンJrの父ちゃんかじいちゃんはブルーデーモンというかなり有名で人気のあるレスラーだったらしい。(そんなことすらなんとなくしか知らない状態で見に行った私。)

いや~、なんか、わけがわからないなりに気が付いたらルスクラリータをめっちゃ応援してちゃっかり楽しんだな。

メヒコに来たらルチャリブレ、一度見ておくのもいいかもしれない。メヒコシティとかの方がもっと大きなアリーナで本格的なのだろうけど、オアハカのこの小さな会場で近くで見られる臨場感あふれるのもおもしろいかも。

メヒコ、まだまだ知らんことがようけあるな。

コメント

人気の投稿